スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
殺処分ゼロ
2012 / 09 / 19 ( Wed )
保護犬の為に下記3つ押すだけボランティアのご協力をお願いします。sao☆
                          
              



東京都千代田区「猫殺処分ゼロ」継続中のヒミツ

 東京都千代田区が「猫の殺処分ゼロ」を2010年3月末から継続中で、
全国から注目を集めている。同区は、皇居や国会議事堂の周辺など、
飼い主のいない猫が非常に多かった地域。ほかの自治体では毎年
多くの猫が殺処分されているというのに(2010年度は全国で計16万匹)、
一体どういうことなのだろうか?

 「これは一朝一夕に達成したことではなく、区が13年前から区内在住・
在勤ボランティアや動物病院の協力を得て取り組んできた『動物との
共生支援ネットワーク事業』の成果です」と語るのは、区のボランティアや
獣医などの協力者を中心とするネットワーク「ちよだニャンとなる会」の
香取章子さん。

 「飼い主のいない猫の問題は行政だけで解決できるものではなく、
地域の人たちの協力が不可欠です。本当はすべての猫に飼い主が
できるといいのですが、子猫でなければなかなか里親は見つからない。
この事業は、飼い主のいない猫に不妊・去勢手術を行い、元の場所に
戻して『地域猫』としての一代限りの命を見守っていこうというものです」

 猫は生まれて4~5か月ほどで発情期を迎え、子供を産む。放って
おけばその子供がまた子供を産み……という形でどんどん増えていく。

 「かつては千代田区でも猫をめぐる苦情が数多く寄せられ、餌やりを
めぐってトラブルが起こることも数多くありました。そして爆発的に
増えた猫たちは自動車にひかれて路上死していく。そのうちの85%が、
生まれて間もない子猫という現実もあります」

 同事業を進めていくうち、猫についての苦情や路上死体の数は激減。
2010年3月以降、区内から都の動物愛護相談センターに引き取られる
猫は1匹も出ていない。...


   
猫ちゃん達の健康を願ってくれる方はをクリックしてネ
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

23 : 31 : 01 | 隊長のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<シーズー♀(パーティーカラー) | ホーム | いつもありがとうございます♥>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://satooyaboshu.blog.fc2.com/tb.php/336-56ad092d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。